2005年12月27日

薬事法

banner_02ranking.gif

健康食品・薬品等を扱う際の注意

アフィリエイトは他の販売サイトの広告を載せるだけだから「関係ない」とはいえないのが、薬事法です。

薬品などの定義や品質を明確にするなどして消費者の安全を確保することが目的のようです。

特に注意したいのは薬品と健康食品などの扱いに関してです。・・・・

 

健康食品をいかにも医薬品のようにして宣伝すると、この薬事法に違反するそうです。

たとえば、医薬品でない健康食品や健康補助食品とされるものを宣伝するときに、
「頭痛に効く」とか「若返る」「疲労回復に効く」といった、体の構造や機能に影響を及ぼす表現を使うことができないそうです。

自分のサイトで違法な宣伝文を書かなければ、直接問題にされることはないかもしれませんが、過剰な表現などを用いているECサイトの商品を扱っていれば、自分のサイトの信頼を失うことにもなりかねません。

難しい内容ですが、薬事法には、気をつけましょう。

posted by アフィリエイト奮闘記 at 12:23| Comment(1) | TrackBack(0) | アフィリエイト奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、野侍と申します。

僕も最近、物販のブログを作ったのですが、この薬事法にはかなり神経を使いました。特定保健用食品など、いろいろな言葉を知ることができて、いい機会だったと思います。
ネットに公開する以上、こういったモラルは大切にするべきですね。すごく大切なことで、いい記事でした!!!
Posted by よちよち歩きのアフィリエイター 野侍 at 2005年12月27日 22:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11080078

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。